お知らせ(こどもファンド関係)

お知らせ
2023/1/5、こどもファンドに焦点を当て、パンフレットをリニューアル

「認定特定非営利活動法人NPOサポートちがさき(NPO法人サポートちがさき)」を紹介するパンフレット『ちいさな思いをつなぎ 未来をひらく』が大きく変わりました。 変更点は、(1)コミュニティ形成を支援する事業、(2)協働 […]

詳しく見る
お知らせ
11/1・2 BRANCH茅ヶ崎2 1階エスカレーター前にて「こどもファンド展示会」を開催!

11月1日(火)と2日(水)の二日間「こどもファンド2022 展示会」を、市内浜見平の商業施設 BRANCH茅ヶ崎2の1階エスカレーター前広場で開催。 来年度の活動募集に向けて、より多くの人に「こどファン」の仕組みと子ど […]

詳しく見る
お知らせ
9/30 『こどもファンド』が「ちがさき さむかわ こどもタウンニュース秋号(No.8)」に掲載されました

「ちがさき・さむかわ こどもタウンニュース秋号(№8)」にて、『ちがさき さむかわ こどもファンド2022』の紹介記事が掲載されました。該当記事を下記PDFでご覧いただけます。紙面全体を読みたい方は、コチラからどうぞ。

詳しく見る
お知らせ
9/20 茅ヶ崎市役所1階 ふれあいプラザで、こどもファンド情報発信!

2022年9月20日(火)の1日限りでしたが、市役所1階のふれあいプラザに「ちがさき・さむかわ こどもファンド」企画展示が登場。 プラザのスペースには実際に子どもたちがプレゼンテーションに使用した模造紙や、PowerPo […]

詳しく見る

なぜ「ちがさき・さむかわ こどもファンド」を始めるの?

私たちは茅ヶ崎市民活動サポートセンターの管理運営を20年にわたり行ってきました。
2003年からは、中学生から大学生くらいまでの若いみなさんが、夏休みに行うボランティア体験「ユースボランティア茅ヶ崎」を通して、自分のチカラを生かす応援をしてきました。この「ユースボランティア茅ヶ崎」では、福祉(高齢者/障がい児・者)、保育、環境保全、地域安全、動物愛護、国際支援など多くの活動を通じて若いみなさんが人との交流を体験します。私たちはこのなかで、2千人を超えるこどもたちの成長の一端に関わり、誰かの役に立つ喜びを知り、自分自身に誇れるものを育むこどもたちの姿をたくさん見てきました。
そこで、市民、NPO、会社・お店、市役所や町役場、大学や学校などが垣根を越えて手を取り合い、今を生きるこどもたち一人ひとりの力が発揮できる場をつくりたいと考え、応援してくださる方の力をお借りして「ちがさき・さむかわ こどもファンド」という仕組みを始めることにしました。
※本事業は、茅ヶ崎市の後援を受けています。

こどもファンドがめざすもの

 こどもたちが自分で考え動き、未来を創る自分のチカラに気づく
 他の人と協力して、まちを良くしていく楽しさとワクワク感を知る
 将来のまちを支える人になる

どんな活動?

 こんな場所になったら自分たちのまちがもっとよくなる
 友だちと力を合わせて自分たちで考え、取り組む活動
 学校の授業の一つとして行う活動や、お金もうけが目的の活動は応募できません

<たとえば、こんな活動>
 〇お店の人にインタビューして、地域を楽しくする映像づくり。
 〇地域のお年寄りの困りごと解決、買い物代行や部屋の電球換え。
 〇自転車を安全に乗るマナーをみんなで考える。
 〇地域の人とリサイクルの作品づくりワークショップを行う。
※このほかにもたくさんあると思います。いろいろなアイディアがあるでしょう。

応募できるグループの条件は?

個人での応募はできません、グループで次の4つの条件にあてはまっていれば応募できます。
①茅ヶ崎市・寒川町に在住、あるいは通学している。または茅ヶ崎市・寒川町で仕事をしている18歳以下、小学3年生以上の子供が3人以上いるグループ。
②グループのメンバーが1つの家族(兄弟姉妹)だけではないこと。
③支援する19歳以上の大人サポーターが2人以上いること。
④7月中旬の公開審査会と翌年3月の活動発表会に参加できること。

助成金について

ひとつの活動グループに対して最高5万円までの助成金が支給されます。
※審査の結果、申し込み金額よりすくなくなる場合があります。
※内容が同じ活動については、助成を受けられる回数は3回までです。

<助成金が使えるもの>
 活動に使う材料費、文房具、チラシ・ポスターの印刷代、メンバーや参加者の物損や傷害に対する保険、会場・備品の使用料、郵便・運送の費用、講師に対する謝礼、交通費
<助成金が使えないもの>
 メンバーやスタッフへのお礼、備品(パソコン等)の購入(※詳しくは事務局にお問い合わせください)、会議の際の食事※熱中症対策などの飲み物は除く、その他、応募した活動に直接関係のない費用。

 

こどもファンド 全体の流れ
(募集~応募~選考~活動~報告)

募集 
毎年4月頃、その年の活動の募集があり、募集内容や応募の日程の発表が、ホームページやFaceBookを通して行われます。
また、5月には「ちがさき・さむかわ こどもファンド説明会」がサポセンなどで複数回開催されます。
応募 
当ホームページより「応募のしおり」「応募申し込み書」をダウンロードし、必要事項を記入し締切日(6月中旬)までに、事務局まで持込、郵送、メール、FAXなどでご応募ください。
また、5月には「ちがさき・さむかわ こどもファンド説明会」が茅ヶ崎市民活動サポートセンター(通称サポセン)などで複数回開催されます。
※応募書類は、茅ヶ崎市民活動センター、まちスポ茅ヶ崎、茅ヶ崎青年会議所、茅ヶ崎青年会議所、茅ヶ崎市市民自治推進課、寒川町役場町民協議課、でも入手可能です。
>>応募について(詳細)
選考
7月中旬に公開審査会を開催し、応募していただいた提案を説明していただきます。審査にはこども審査員も加わり(別途募集あり)、審査後、助成グループが決定します。
活動
活動内容などを確認するための書類を作成し、NPOサポートちがさきに提出します。その後、助成金が振り込まれます。
7月より翌年2月末日までの期間で、実際の活動を行います。活動が終了したら活動報告書を提出し助成金の清算をします。
報告
3月中旬活動発表会にて、活動の成果を皆さんの前で発表していただきます。

今年度事業  

220716_koukaishinnsa-kekka

応募について(詳細)はこちら>>

説明会について(詳細)はこちら>>

公開審査会について(詳細)はこちら>>

活動の状況についてはこちら>>

報告会について(詳細)はこちら>>

過去の事業についてはこちら>>

ご寄付・ご支援のお願いについてはこちら>>

よくあるご質問(Q&A)はこちら>>

申込書などダウンロードはこちら>>

こどもファンドについてのお問い合わせはこちら>>