ちがさき・さむかわ こどもファンド

なぜ「ちがさき・さむかわ こどもファンド」を始めるの?

私たちは茅ヶ崎市民活動サポートセンターの管理運営を20年にわたり行ってきました。
2003年からは、中学生から大学生くらいまでの若いみなさんが、夏休みに行うボランティア体験「ユースボランティア茅ヶ崎」を通して、自分のチカラを生かす応援をしてきました。この「ユースボランティア茅ヶ崎」では、福祉(高齢者/障がい児・者)、保育、環境保全、地域安全、動物愛護、国際支援など多くの活動を通じて若いみなさんが人との交流を体験します。私たちはこのなかで、2千人を超えるこどもたちの成長の一端に関わり、誰かの役に立つ喜びを知り、自分自身に誇れるものを育むこどもたちの姿をたくさん見てきました。
そこで、市民、NPO、会社・お店、市役所や町役場、大学や学校などが垣根を越えて手を取り合い、今を生きるこどもたち一人ひとりの力が発揮できる場をつくりたいと考え、応援してくださる方の力をお借りして「ちがさき・さむかわ こどもファンド」という仕組みを始めることにしました。

こどもファンドがめざすもの

こどもたちが自分で考え動き、未来を創る自分のチカラに気づく
他の人と協力して、まちを良くしていく楽しさとワクワク感を知る
将来のまちを支える人になる

2022年度 応募のしおり・応募申し込み書・応募用紙

応募のしおり( PDF
応募申し込み書( PDF / Word
こども審査員 応募用紙( PDF / Word

※ファンド応募申し込み書・こども審査員応募用紙は、手書きの方はPDF、PC入力の方はWordをそれぞれダウンロードしてご利用ください。

220417_kodomo-fund1

220417_kodomo-fund2

 

 

2022年度 よくあるご質問(Q&A)PDF

dc612e48a443bdd46f1f8cd615de1d8b-2